塾長ブログ

2021.11.26

積極性(塾報11月号より)

●先月号で書きました「自信満々で間違えよう」というテーマは、考える癖をつけることの重大性について訴えることを目的に書きました。
 そろばんの練習において「考える」場面は、そろばんを使った計算方法を覚えていく段階と、スピードをつけたり間違いを減らすために工夫をする段階に現れますが、今月号では「考える」という心の動きを生み出す「積極性」について書いてみます。
●星の郷教室にはソフトボールや野球をしている生徒がたくさんいます。土曜日の練習や日曜日の検定試験にはユニホーム姿で教室にやってくる生徒の多さからわかります。かくいう私も、小学校時代は少年野球チームに所属してピッチャーをしていました。背番号は1。2歳年上のエースがキャプテンで、キャプテン番号の10番をつけたために転がり込んできたエース番号でしたが、投手としての成績は全く記憶していないのに背番号だけは鮮明に覚えていますからよほどうれしかったのでしょう。
 大学時代には名球会という名のソフトボールチームに所属して「3番・ショート」でした。新入生歓迎ソフトボール大会では200チームが参加する中で優勝しましたから、なかなかの強豪チームだったのです。
 名球会にはキャプテンも監督もいませんから作戦も何もあったものではなかったのですが、ただ一つ暗黙の了解みたいなものがあって、それは「見逃し三振は即交代」というものでした。
 バットを振らなければ何も起こらず、振れば間違って当たることもあればキャッチャーが後ろにそらす確率も増えるでしょう。
 審判は素人で、我々も素人。ボールとストライクの見極めなんて互いにあてにしていませんから、とにかくバットが届くところは振るのです。そうしないと、ホームベースから遠く離れていても、時には頭のあたりを通る球でさえも、よそ見をしている審判が「ストライク!」とコールすることがあるのです。
●懇意にしていただいているそろばんの先生はその昔とある高校の日本拳法部の部長をしていらっしゃいました。いわく、「日本拳法のことはまったく知らなかったが、組み手では『ひたすら前に出て拳を突き出せ』という指示だけを徹底していた」そうで、相手から良い突きを受けて下がろうものなら部長にこっぴどく叱られる部員は前に出て突き続けるしかありません。その結果、なんとそのチームは団体日本一にまで上り詰めました。
●奈良の智辯高校と智辯和歌山高校で野球部監督を務めた甲子園勝ち数歴代一位監督の髙嶋仁さんは、打つべき球を見逃した選手は直後に交代させたそうです。積極性の大切さについて身体に染みこませるため、とおっしゃっています。
 これら二つのエピソードと一つの無駄話は、髙嶋元監督の言葉にある“積極性”の重要性と、積極性が物事を成功に導くための原動力に十分になり得ることを物語っています。
●さて、好奇心は旺盛であっても入塾初日から積極的な生徒はまれで、ふつうは少しずつ雰囲気に慣れながら徐々に本領を発揮していきます。教材が進んでいくにつれて自信が芽生え、あわせて教室内での立ち居振る舞いにも慣れ、できないことができるようになり、時には自己最高点を更新し……。練習の中で起きるこうした「ちょっとした成就感」を味わうことで積極性が知らず知らずの間に醸成されていくのでしょう。
 しかしながら、何らかの理由で自信が持てないときは、積極性など出ようものではありません。生徒の皆さんは正直ですから、態度にはっきりと出ます。練習中の姿勢であったり、質問や採点依頼の回数であったり、教室内を歩く速度や選ぶ通路であったり、説明を聞いている際の視線であったりと、本人も気がつかないうちに様々なサインを出しています。
 私たちはそのサインを見逃さないことと、サインに対してどのようなアプローチを試みるか、またはあえてアプローチを試みずに様子を見るかを選択するのが仕事の重要性の8割を占めているといっても差し支えありません。たとえるならば「捕った魚を与えるか。魚の捕り方を学ぶ援助をするか」の選択となるでしょうか。
●答案や計算時の様子から自信が持てない理由を類推し、時には質問を投げかけてみて反応を見ながら指導の選択をしていくわけですが、そこには生徒が魚を与えられることをじっと待っている感情の度合いも加味しています。
 魚を待っている生徒にとっては、自分で魚を捕るようにアプローチされるのは鬼のような対応かもしれません。
 しかし、踏ん張って積極性を出せばあと少しで自分自身で魚を捕ることができると判断した場合や、ここは頑張るべきだと思った場合は、鬼になってでも生徒が殻を破るように指導をします。
●人は、学校やそろばん教室のような教育機関で何かを教えられる年数よりも遙かに長い年数を自分で考えて歩いていかなければなりません。道中は選択の連続です。見ようと思って見ないと目に入らないものや、聴こうと思って聞かないと耳に入らないものもあります。
●指導された計算方法を「一度の説明で覚えきろう」という心構えや、間違いを防ぐために「慎重に計算しよう」という集中した状態は、自分から進んで伸びていこうという積極的な態度をもつことで生まれてきます。また集中した結果によって得られる成就感が積極的な姿勢を生み出すこともあります。

 教室では様々な場面においていろいろな仕掛けをちりばめながらすべての生徒の皆さんが積極性を獲得していくことを目指しています。 

2021.10.26

自信満々で間違えよう(塾報10月号より)

そろばんの練習で○と×はつきものですが、実は単純に○と×の二つにわけられるものではないという話をします。

 ○には自信満々で計算した結果の根拠のある○となんとなく計算した結果の根拠のない○があります。×にも同様に、自信満々で取り組んだ結果の、間違えた根拠のある×と、なんとなく無意識で取り組んだ結果の根拠のない×とがあります。
 ○と×は正反対の結果を表しますが、指導する立場から見ると根拠のない○と根拠のない×はまったく同じ結果だと判断します。根拠がないということは正解にも間違いにも再現性がないということであって、それは実力とはいえないのです。
 練習時における○と×に順位をつけるとすれば、最も良いものは「根拠のある○」であり、続いて「根拠のある×」となります。「根拠のない○」と「根拠のない×」には意味がありません。
 「根拠のある○」にはより洗練された指の運びや速度アップなどの技術面における指導が考えられ、「根拠のある×」には間違いを再現して、正しい方法と比較させる指導が有効となります。
 対して「根拠のない○と×」には、精神面でのアプローチから始めます。無意識で取り組もうとする気持ちを改めさせて意識して取り組む気持ちになるように仕向けていかなければなりません。
 加減乗除の計算方法を覚える段階での間違いやつまずきは、「考えずにやってしまう」ことが原因のほとんどを占めています。
 考えてやることを意識すれば、考えてもわからないときはその時点で指が止まります。この「指が止まる」というのがわからないときの正しい反応です。
 ところが、考えずにやってしまうと、わかっていないことに無頓着になってしまって、間違いがどんどん上書きされてしまいます。こうなると改善には相当な時間がかかる場合もでてきます。
 そうならないために心がけておくべき大切な取り組みは、「考える」ことを日常から徹底的に意識することです。不正解のときはもとより、正解であってもときにその理由を尋ねることがありますが、これは「考える」ことの重要性を生徒に問うていることに他なりません。
 どうぞ生徒の皆さんには確信を持ってどんどん間違えてもらいたいと思います。間違いの中には伸びるための「あっそうか体験」ができる要素がたくさん詰まっていますから、失敗して、間違えて、その原因を知り対処を考えるという作業を繰り返して欲しいと思います。
 変な言い方ですが、そろばん教室は安心して失敗できる場です。そして間違いの中にある成長の素に生徒の皆さんが気がつく場です。さらには成長の素を使って実際に成長する場でもあります。
 思索の秋です。「考える」ことの重要性について、計算方法の習得時にスポットを当てて書いてみました。今年は秋があったのかという議論はさておいて、です。

2021.10.12

みとり算の間違い

みとり算の間違いパターンには実に多くのものがあります。
問題の見間違いに数パターン、はじき間違いに数パターン、その他の要因も数パターンあり、一つの問題にそれぞれが出てくることもしばしば。
間違いが集中力の一瞬の途切れによって起きるものか、覚え間違いによる思い込みによるものか。
きちんと理解して覚えたはずのものが知らず知らずのうちに間違えるようになることもあります。
検定試験練習では、合格点を取る意識が強すぎると合格点に満足してしまって一つの間違いに対する探究心が薄れてしまうことがあります。良い点であっても悪い点であっても、そこに潜む落とし穴に指導者は気づき、適切なアドバイスをおくらなければなりません。
写真は、近所のスーパーで見つけた価格表示板です。この商品の存在を元々知っている人は読み間違いをしないかもしれませんが、通り過ぎざまに一瞬目にして「エッ」と思い、再度ゆっくり読んで納得した方はどれほどいらっしゃったのでしょうか。ちなみに私と私の家族は二度見派でした。

みとり算の見間違いに通じるものがあります。

ほっけとば

         「ほっとけば」???

2021.08.25

花は根っこがあってこそ(塾報8月号より)

  「先輩だらけ」のなかにぽつんと一人おいていかれた入会初日。自分だけが何も知らない状況というのは、なかなか出会えるものではありません。加えて、今まで経験してきた時間の流れるスピードと、目の前を流れていく時間のスピードの違いに面食らって逃げ出したくなることもあるでしょう。

 「右脳から始めます」という私の指示に「右脳忘れました」という生徒の声。文字通り解釈して、とんでもないところに来てしまったと後悔しても後の祭りです。
 「右脳」は教室で通用する「業界用語」ですが、初めての方には「???」です。「ピ」のカード、「J1」、「パワーアップ」、「到達度」、「突破」etc.
 そういえば「etc.」も最近は見かけなくなりました。高速道路の料金収受システムのほうが有名ですね。
 不安しかない初日を何とか過ごして迎えた2日目。新入生は早くも大きな飛躍を遂げます。それは、1日目に見聞きしたものが2日目にすべて活きるという経験です。1日目がないと、2日目はありません。はじめの一歩を踏み出すことがその先を切り開いていくのです。大げさに言えば、誰もが自分の人生におけるパイオニアになることができる経験をしていくのです。
 スタート時の不安感は、初歩教材PERFECTのページを進めていくうちにやがてきれいに消え去り、立ち居振る舞い、声の大きさなどに顕著な変化が現れます。PERFECT全236ページのすべての扉を自分自身の努力で開ける経験。この経験が、その後の実力の伸びを確実なものとしていく実例を私たちは毎日毎時間生徒の皆さんに見せてもらっています。根っこが確実に成長している様子を見ることができるのは職業冥利に尽きます。
 幼少年期は、地道にコツコツと根っこを形成する時期です。ともすれば、きれいな花やおいしい果実に目が行きがちですが、根っこがなければ花は咲かず、体を支えることもできません。前向きな気持ちで取り組まなければともすれば技術が退行することもあるそろばん学習は、計算力の向上を目指すだけでなく物事に取り組む姿勢も学習します。

2021.08.09

なくせ、七癖(塾報7月号より)

 「なくて七癖」という言い回しがあります。癖がないように見える人でも、詳しく観察すればなにがしかの癖があるという意味です。

 入会・体験時からすでに誰しも特徴があります。手指の動きのなめらかさ、身のこなしなど、わずか5歳であっても他のなにものでもない確固たる自分がそこに存在します。
 お兄ちゃんやお姉ちゃんがすでに習っている場合、後ろ姿や歩く姿勢、そろばんをはじくときの首の角度など、思わず吹き出したくなるほどそっくりなこともあります。特徴は持って生まれたものの影響が大きいことがわかります。DNAの底力を感じずにはいられません。
 「特徴」と似て非なるものに「癖」があります。癖には、計算中にそろばんの同じ珠を2回触ったり、答を書く前に筆記具を大きく動かすといった無駄な動き、すなわち動作に関わるものと、集中力の低下によって出てくる間違い癖という意識に関するものとがあります。
 そろばん学習はすべて「模倣」から始まります。そろばんと問題の位置関係、答を記入するときのそろばんの位置、手首の動き、珠の動かし方、親指と人差し指の役割など、体格を考慮しつつも定石に則って、見よう見まねで基本動作を覚えます。「自分のやりたい動き」をできるだけ封印し、「あるべき理想の姿」を真似ることが大切で、この段階では矯正すべき癖はありません。
 ところが、学習が進んでくると、先に挙げたような直さなければならない癖が知らず知らずのうちに身についてしまうことがあります。「知らず知らず身についた」ものは、完全に馴染んでいますから自分自身で気がついて矯正することは困難です。
 動作に関わる癖の発見は、ビデオ撮影や机間巡視で行います。質問に来たときに発見することもあります。
 また、意識に関わる癖の発見は、答案の分析で行います。点数の善し悪しではありません。指導の効果を測る物差しとして「点数」は大きな要素ですが、たとえ高得点であったとしてもわずかな失点の原因に「癖」が隠れているならば、高得点を手放しで喜ぶわけにはいかず、指導が必要となります。
 癖の指導は一度で終了することもありますが、二度三度またはそれ以上繰り返すこともあります。一旦直っていたものが、時間が経過するにつれ、またもや頭をもたげる場合があるからです。身についてしまった癖を直すには「無意識を意識する」強い精神力が必要です。身についたものを取り除くのに強い精神力が必要なのはダイエットと同じです。
 癖の矯正というと負のものを取り除いて正常に戻るイメージがありますが、実際はそこにとどまることはなく、「癖の矯正」は「技術アップ」につながることがほとんどです。「癖」が技術アップにふたをしていたため出ていくことができなかったパワーが、ふたを取り去ったことで一気に表出するというほどのイメージになるでしょうか。
 そろばん指導において基本的な計算法を教えることは、上達に必要なすべての指導の中で1割にも満たないものです。残りの9割には、癖の矯正やメンタル面強化、実力に応じた新たな計算法の指導、正確性や速度を上げるための工夫、自分自身で練習方法を組み立てるためのアドバイス、個々に応じた教材開発・教材作成などがあり、指導の枠を越えた部分に、練習環境作りがあります。
 さらにいえば、これらの要素の良否は提供側から評価するものではなく、すべて「生徒の事実」から判断されるべきものだと私たちは考えています。連続的かつ向上的な生徒の変化のみが指導に対する評価になるのです。
 癖を見抜く。癖を身につかせない。癖を絶つ。今月号は「癖」を題材にして指導の一コマを紹介させて頂きました。

カレンダー

«11月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリーリスト

    フィード

    ブログ内検索

    ACCESS{アクセス}

    教室名 星の郷総合教室
    所在地 〒576-0022
    大阪府交野市藤が尾4-6-10
    電車の場合 JR片町線星田駅、または、京阪電車河内森駅から徒歩15分
    自動車の場合 第二京阪道路交野南インターチェンジから5分、交野北インターチェンジから10分
    国道168号線西川原交差点を西に入り、1分